徒然なるままに

思ったこと、考えたことを徒然なるままに更新していきます。

著書『Google流 疲れない働き方』。Googleから学ぶ、これからの働き方について。

^ 

Google流 疲れない働き方

Google流 疲れない働き方

 

 『Google流 疲れない働き方』という本を読了しました。働きたい企業ランキングで常に上位をキープしているGoogle。福利厚生や休日制度などがとても充実しているのはもちろんですが、業務の取り組み方やチームワークの取り方も、他の会社と違う点が多いです。そんな魅力いっぱいのGoogleのピープル・ディベロップメントで働いていたピョートル・フェリークス・グジバチさんが、疲れない働き方について説明されている本です。今回はその内容と感想をご紹介します。(内容はネタバレにならない程度にご紹介します。)

第1章 タイムマネジメントより集中力のマネジメント

ここで取り上げられていたのは、主に以下の4点です。

  1. フローに入れる環境を作る
  2. 集中しやすい環境つくり
  3. 相手に振り回されない環境作り
  4. 反射的に仕事をしない

1.フローに入れる環境を作る

フローとは、何かに長時間没頭しているような、強い集中状態のことです。「1日1.5時間フローに入れれば、生産性は2倍になる。」とのことで、フロー状態に入るための17の要件が紹介されていました。その中でも特に大切だと思った要件を紹介します。

 

◆個人の場合の要件

慣れすぎない環境を作る

流れ作業に飽きるのと同じで、毎回同じやり方で業務に取り組んでいると、やりがいや刺激を感じにくくなります。取り組み方を都度変えるといったように、自分を飽きさせない工夫をすることが大切です。

 

◆チームの場合の要件

チームの一人一人が等しい量の役割を担うようにする

平等性を保つために行うという点でも大切ですが、一人一人が責任を持って業務に携わる環境を作ることにもつながり、有効的です。慣れ合いではなく、緊張感のある中でチームで仕事をすることが、高いパフォーマンスを生み出すことにつながります。

 

傾聴すること

Google社員は「Yes,andの会話」を心掛けているらしく、相手の話を一度受け止め、自分の意見を伝えることの大切さを伝えていました。冒頭が「でも」で始められるより、自分の話を聞いてもらえたと感じられる会話を、コミュニケーションとして取り入れるべきですね。

 

続きを読む

食べるお花屋さん、Cafe 3*(トロワ)。お花と食事のコラボレーション。

今年もGWは地元、鹿児島へ帰省しました。今回は帰省したら必ず行くところ、Cafe 3*(トロワ)を紹介します。

  • Cafe 3*(トロワ)とは
  • 店内
  • メニュー
  • 視覚も味覚も満たされるお店

Cafe 3*(トロワ)とは

f:id:sasanohaclass:20190517000937j:plain

f:id:sasanohaclass:20190517001017j:plain

Cafe 3*食べるお花屋さんで、お花を使ったご飯、デザート、ドリンクを提供しています。「お花って食べて大丈夫なの?」と思う人もいるかと思いますが、食事に使っているのはエディブルフラワーという食用花なので、安心安全に食べられます。

ちなみに、Cafe 3*の「*」は、お花を表しているそうです。おしゃれですね!

以下、お店の情報です。

続きを読む

社会人の自分がディズニー初体験。運に味方された1日。

4月14日、ディズニーに初めて行ってきました。今までなかなか行く機会がなかったのですが、「ディズニーに行きたい」と言った自分に、年パス所持者のディズニー大好きな友達が、僕の初ディズニーの案内役を買って出てくれて、見事ディズニーに行くことができました。初めてのディズニーはシーから行くことにしました。今回は、その時の出来事・感想を紹介します。

  • 舞浜駅
  • ディズニーシー
  • マーメイドラグーン
  • ハローニューヨーク
  • レストラン櫻
  • ジャックスパロー登場
  • グーフィーとの遭遇
  • グーフィーとツーショット撮影
  • ビッグバンドビート鑑賞
  • タワーオブテラー
  • また行きたくなる夢の国

舞浜駅

舞浜駅の改札前で、友達と待ち合わせました。チケットは友達が自分の分も含めて先に購入してくれていたので、それを受け取りました。チケットの裏面に描かれるキャラクターはランダムとのことだったので、自分のチケットを確認してみました。

f:id:sasanohaclass:20190507000811j:plain
すると、なんとグーフィーが描かれていました!そうです、僕はグーフィーが大好きなんです。いつものんびりしている可愛さと、やるときはやるというかっこよさを兼ね備えていますよね。

f:id:sasanohaclass:20190507225357j:plain

さらに、こちらもいただきました!友達が待ち合わせ時間よりも前にディズニーに来て、スタッフの方に「友達が初めてディズニーにくる」ということを伝えてくれて、わざわざ作ってきてくれたんです。本当に感謝しかありません!

続きを読む

お金の教養セミナー受講初体験。

お金の教養が身につく総合マネースクール、『ファイナンシャルアカデミー』のお金の教養講座Plusを受講してきました。今回はその受講した感想をまとめました。

  • ファイナンシャルアカデミーとは
  • お金の教養講座Plus
    • 第1部 お金の教養
      • 1.お金を確認する力
      • 2.お金を維持する力
      • 3.お金を増やす力
    • 第2部 資産運用
  • 投資を中心に学びたい人にはお勧め

ファイナンシャルアカデミーとは

ファイナンシャルアカデミーとは、日本最大級のマネースクールで、東京校・大阪校・ニューヨーク校と、海外にまで校舎があります。また通信制・WEB受講もあるので、仕事などで忙しく校舎に通えない人も自宅で受講することが可能です。

受講コースは、投資関係・お金の教養・定年後の設計といったように様々なジャンルに分かれています。

お金の教養講座Plus

私が参加したのは、新宿校で開催されたセミナーでした。受講料は無料で、時間は13:00~17:00の4時間。2部構成で行われました。

第1部 お金の教養

主な内容は、以下の力を身につけましょうというものでした。

続きを読む

初めての日光。歴史を感じる1泊2日。

去年のGWになりますが、1泊2日で日光旅行に行ってきました!今回はその時の感想を紹介します。

 浅草駅から特急スペーシアで1本。お昼頃には東武日光駅に到着しました。

日光江戸村

 

f:id:sasanohaclass:20190429022144j:plain

バスを使って向かったのは日光江戸村

入り口はまさに江戸の世界へのゲート。受付には武士がいて、チケットを渡すと「確かに頂戴した。」と言われました!気分は既に江戸の民。そして中へ。

 

f:id:sasanohaclass:20190429022554j:plain

たくさんの木々が道に並んでおり、江戸村を囲むお堀が、太陽の光で綺麗に照らされていました。ここには屋形船があって、屋形船から見る江戸村の景色を堪能することもできます。

続きを読む

シエスタ制度とは。変化する労働制度。

f:id:sasanohaclass:20190421201934j:plain

皆さんは、制度として昼の仮眠時間を取り入れている会社があることを知っていますか。「お昼寝の時間なんて、幼稚園じゃあるまいし」と思う人がいるかもしれません。しかし実際この仮眠制度を導入している会社は増えてきています。

今回はそんな仮眠制度の実態を紹介します。

  •  仮眠制度とは
  • シエスタ制度の効果
    • 疲労回復
    • ストレス解消
    • リフレッシュ効果
  • シエスタ制度の注意点
    • 仮眠時間を取りすぎない
    • 周りへの配慮を忘れない
  • シエスタ制度導入会社
  •  数十分の仮眠で業務パフォーマンス向上へ

 仮眠制度とは

仮眠制度は、シエスタ制度」「パワーナップ制度」と呼ばれています。仮眠時間は、一般的に15~30分とされており、昼休みの時間内で昼寝が可能です。中には「13時~15時の間で昼寝可能」や、「昼休みの時間とは別に昼寝可能」というように柔軟に対応しているところもあるそうです。

仮眠時間が「15~30分」とされているのは、この時間が最も最適な仮眠時間という研究結果が出たからです。カリフォルニア大学の心理学者、サラ・メドニック助教授も、20分の昼寝は、8時間分の疲労を回復するという説を発表しています。

シエスタ制度の効果

シエスタ制度がもたらす具体的な効果は、以下の通りです。

続きを読む

これから必要とされる人材とは?

f:id:sasanohaclass:20190406202734p:plain

システム化が進み、あらゆるものが自動化していく世の中になってきました。昨年は赤羽駅にAIの無人コンビニが設置されたことが話題になりましたね。

これからもシステム化がさらに進むことは確実です。それに伴い、需要度が高い仕事も変わってきました。またそれだけではなく、会社が必要とする人材も変わっていくことが予想されます。

今回は、今後必要とされるのは一体どんな人材なのかを紹介していきます。

  • 分析力のある人
  • 判断力のある人
  • 共感力のある人
  • 必要とされる力を身につけるためには
    • 分析力をつけるためには
    • 判断力をつけるためには
      • 1.情報を集め
      • 2.客観視すること
      • 3.行動すること
    • 共感力をつけるためには
  • 目の前の仕事と向き合おう

 必要とされる人材

f:id:sasanohaclass:20190415235338j:plain

必要とされる人材の前提として、「AIにはできないことができる人」という条件が挙げられます。

10~20年後、日本の労働人口49%の仕事が、AIに奪われると予想されています。製造業務や掃除、データ入力、書類処理といったルーティンワークとされている仕事は、真っ先にAIに替えられるでしょう。なぜなら人間よりもAIの方が、決められた作業をミスなく正確に行うことができるからです。

よって、今後は主に3つの力を持った人が求められます。

続きを読む